低炭素住宅・ZEH[LOWCARBON&ZEH]

ゼロエネルギーで、暮らそう。ZEHbuilder笹木産業株式会社はZEHの標準化を目指しています

ZEH・NearlyZEH 普及率目標
 平成28年度平成29年度平成30年度平成31年度平成32年度
ZEH注文住宅0%0%0%0%0%
建売住宅0%0%0%0%0%
NearlyZEH注文住宅0%8%8%25%50%
建売住宅8%8%8%8%8%
合計8%16%16%33%58%
ZEH・NearlyZEH 普及実績
 平成28年度平成29年度平成30年度平成31年度平成32年度
ZEH注文住宅0%0%   
建売住宅0%0%   
NearlyZEH注文住宅0%0%   
建売住宅0%0%   
合計0%0%   
ZEH、NearlyZEH以外も含めた
戸建住宅全体の合計
0%0%   

省エネ住宅の自宅でエネルギーを創って、自宅で使う

家庭で消費されるエネルギー量は増加傾向。
省エネの強化が求められています。

地球温暖化問題が叫ばれて久しい中、政府はより一層の温室効果ガス削減目標を公表しています。わが国では、企業・事業所他部門、運輸部門に比べて家庭部門のエネルギー消費量増加が著しく、 省エネルギー対策の強化が求められています。

新築住宅はこれから、低炭素化、ゼロ・エネルギー化が進みます。

政府は、住宅の生涯CO2排出量を削減するLCCM住宅を最終目標に、低炭素住宅化を進めていきます。2020年には、300m²以下の新築にも「2013年改正省エネ基準」を原則義務化へ、新築戸建の50%がZEHとなります。

  • LCCM住宅
    トータルエネルギー消費量がマイナス
  • ZEH一次エネルギー消費量が0以下
    創るエネルギー量が、使うエネルギー量よりも大きいか、概ね同じ量になることをめざした住宅。
  • 認定低炭素住宅一次エネルギー消費量が-10%
    建物の一次エネルギー消費量が、2013年の改正省エネ基準に比べて-10%以上となる住宅。省エネ基準以上の断熱性能やCO2排出を抑える設備や処置の別途選択が必要。
  • 一般住宅
    一次エネルギー消費量が2013年改正省エネ基準内

認定低炭素住宅

高い断熱性能に加えて「高効率設備」と「創エネ設備」で、2013年改正省エネ基準よりもさらにエネルギー消費量を抑えた住宅です。
また「認定低炭素住宅」は光熱費削減ができ、補助金や税制優遇制度が活用できます。

1-1.外皮性能(必須条件)
2013年改正省エネ基準と同等以上の断熱性能・日射熱取得性能を確保すること
1-2.定量的評価項目
省エネ法の2013年改正省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が-10%以上であること
2.選択的項目
下記の「低炭素化に資する処理」1~8の項目の2つ以上に該当すること

認定低炭素住宅の光熱費・支援制度について詳しく見るPDFファイル

ZEH(ゼロエネルギーハウス)

自宅で「創るエネルギー」が「使うエネルギー」よりも大きい住宅のことです。
また「ZEH(ゼロエネルギーハウス)」も光熱費削減ができ、補助金や税制優遇制度が活用できます。

エネルギーを創って使うエネルギーを売る
エネルギーの自給自足をめざし、非常時にもそなえる
高い断熱性能に、さまざまな省エネ設備を組み合わせることで消費エネルギーを減らす。さらに太陽光発電システムやエネファームなどでエネルギーを創って蓄電池に蓄えることで、その電気を随時使うことができます。住宅にかかる消費エネルギーと同等以上のエネルギーを創ることによって、住宅にかかわるエネルギー収支をゼロ以下にするのがZEHです。
余ったエネルギーは、蓄電して賢く使ってさらにオトク
創ったエネルギーは家で消費し、余った分は蓄電または売電してさらにオトクに。
パナソニックの太陽光発電システムなら、高い発電効率で同じ設置面積でも大きな発電量を実現します。毎月の光熱費の一部をまかなったり、家庭内のエネルギー管理システム(HEMS)とつなぐことによって、電力の小売自由化後の多様な料金メニュー(デマンドレスポンス)に対応することが出来ます。
住宅の消費エネルギー量削減のイメージ
住宅の消費エネルギー量削減のイメージ

ZEHの光熱費・支援制度について詳しく見るPDFファイル

~ 人と環境にやさしい 住環境を創造する ~をモットーとしてお客様とともに家づくりをおこなってきました。

理念
  • 1.寒さ対策
  • 2.湿気対策
  • 3.住む人の健康
  • 4.環境に優しい
  • 5.お客様の予算

を常に考慮し続けながら・・・ご提案。

物より事を重視して、家づくりを家族で楽しみ「毎日の暮らし」「毎日の生活」を積み重ねて次世代へ引き継ぎできる、魅力のある家づくりをご提案いたします。

家守り

お客様の家と暮らしを永くサポートする中で、満足を向上し「いい関係」を末永く続けていきます。

  • スクラップ&ビルドからストック型(100年・200年の長期優良住宅)
  • 地球環境への配慮(二酸化炭素の削減)
  • 認定低炭素住宅(2013年改正省エネ基準より、一次エネルギー消費量-10%以上)
  • ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス) Nearly ZEHの新築住宅
  • 高断熱・高効率設備のわが家でエネルギーを「創る」「使う」
  • 一次エネルギー消費量収支0 -25%以上(Nearly ZEH)
実績
  • 住宅性能表示制度 設計 一戸建 1戸 建設 一戸建 1戸 長期優良住宅認定制度 一戸建て 4戸
  • 低炭素建築物認定制度 一戸建て 11戸(一般社団法人 住宅性能評価・表示協会 制度発足から平成26年度末調べ)
  • 低炭素建築物認定制度 一戸建て 10戸(27年度の実績 当社資料)

笹木産業は時代の変化に合わせ、理念を基に長期優良住宅から認定低炭素住宅までお客様にご提案し、家づくりをしています。
現在はさらに、ZEH、Nearly ZEH住宅の標準化を目指しています。

笹木産業が低炭素住宅とZEH(ゼロエネルギーハウス)をお客様に推奨する背景

住宅を建て始めてから30年、紆余曲折をしながら枠組壁工法(2×4)を主とすることを選択しました。
なぜか?・・・(あくまでも当時の当社判断です)

  • ①設計プランが自由自在
  • ②省令準耐火で火災保険料が割安(簡易耐火扱い)
  • ③在来工法の2.3倍の耐久性
  • ④暖かさを逃がさない高断熱性能
  • ⑤高い気密性(旧住宅金融公庫仕様及び当社比)

大手メーカーに指導を請い、ノウハウを覚え、自社での様々な経験を積み重ねながら、今日に至ります。

国の政策・方針により、長期優良住宅認定制度(100年住宅など)が始まり、実績を積み重ねる中「これからは、次世代にも安心して引き継ぐことの出来る性能・構造を兼ね備えた住宅が標準となる」と思い、標準仕様住宅であればすぐに対応(費用も抑えて)できる仕組みをご用意しました。

スクラップ&ビルドからストック型へが全国で浸透したら、次は「エコまち法」に基づく(二酸化炭素の削減)低炭素建築物認定制度が始まり、生活や活動における二酸化炭素の抑制をもとめられ省エネルギー性能をアップさせることを求めてきました。

各種の講習会・研修会・説明会等に参加し、お客様に認定低炭素住宅にするメリット(補助金・優遇制度+長期優良住宅認定制度によるコスト削減)をご説明し、ご理解をいただいて実績を積み重ねております。

しかしながら国は更なる住宅の性能アップを求め、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の普及を2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目指しています。

笹木産業のモットーが時代に沿っていることを認識をし、お客様に責任のあるご提案をし、ご一緒に家づくりをしていきたいと思います。

ハミングロード新富2丁目注文住宅用地分譲中