人と環境にやさしい住環境を創造する〜笹木産業株式会社

カタログプレゼント

来場予約

工法

SASAKI 2×4 HOUSE

素敵な暮らしが見えてくる

多様化するライフスタイルに合わせた住まいの外観や間取り、そして、快適な暮らしへのご要望にお応えする各種住宅設備等々、豊富なバリエーションの中からご提案いたします。

高品質な住宅を実現する”2×4工法”だからできるフリープランです。

ツーバイフォーとは?

木造住宅の構法の一つ、木造枠組壁構法が一般的にツーバイフォー(2×4)工法と言われています。この工法で使われる規格材の断面が呼称「2インチ×4インチ」であることから名づけられたものです。

欧米、特に北米では標準的な木造住宅で、日本では1974年頃から本格的に建築され始めました。

柱や梁といった軸で支える木造軸組構法(木造在来工法)に対し、木造枠組壁構法(ツーバイフォー)は、構造用製材でつくった枠組みに構造用合板を張り付けた「パネル(面材)」で床・壁・屋根を構成して建物を支えます。
面で支える箱型の構造によりツーバイフォー工法は高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・遮音性を実現します。

構造壁

北海道の観光名所としても名高い札幌の時計台もツーバイフォーの技術で建てられており、明治の時代より数々の地震や大雪、台風を凌ぎながら今もその姿を残しています。
そのことからもツーバイフォーの耐久性の高さがうかがい知ることができます。

札幌時計台

またツーバイフォー工法は、構造材やくぎなどの使用方法や使用箇所、施工の手順まできめ細かく規定されています。

そのため棟梁や大工の技量によって品質が変わる木造在来工法と違い、どの住宅も安定した品質と性能になり、工期の短縮やコストの削減も可能となります。

構造

ツーバイフォーの耐震性

ツーバイフォー住宅は「面構造」を基本にしており、家全体が強いモノコック構造(一体構造)となります。モノコック構造はスペースシャトル、新幹線などにも採用されているほど、きわめて強固な構造です。モノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震や台風、屋根の積雪などの力を建物全体で受け止め、分散して吸収するため抜群の強さを発揮します。阪神淡路大震災では震度7の激震の中、ツーバイフォーの住宅の96.8%がとくに補修をしなくても、継続して居住可能だったことがわかっています。

震災後

ツーバイフォーの耐火性

木材は燃えやすい性質がありますが、十分な太さと厚さがある木材は燃えても表面が炭になるだけで強度が低下しにくいと言われています。強固な構造材に加えて、火に強い12.5cmの石膏ボードがツーバイフォーの家を燃えにくく耐火性の高い住宅にします。

ツーバイフォー住宅は耐火性が高いため、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅が「省令準耐火」という扱いになり、火災保険料は優遇されます。

焼けた木材 イメージ

ツーバイフォーの気密性・断熱性

ツーバイフォー工法の特徴である床版・壁を組み立てる箱のような構造のため気密性が確保しやすい工法と言えます。さらに石膏ボードの下側にポリエチレンの防湿フィルムを貼ることで、相当隙間面積(C値)を少なくでき、漏気による壁内露などを防ぐことが出来ます。

ツーバイフォー住宅は構造体自体を断熱化し易く、気密施工も容易なために建物自体がもともと優れた断熱性・気密性を兼ね備えています。

断面図

ツーバイフォーの遮音性

気密性の高いツーバイフォー住宅は、音の出入りも抑える優れた遮音性を備えています。気密の高い箱構造に加え、遮音効果の高い石こうボード、吸音効果の高い断熱材がさらに遮音性を高めます。

笹木産業の2×4は、他社の2×4がスタット(間柱)455mm間隔なのに対し、より頑強さを増すためにスタットの間隔を303mmにしております。

さらに1階天井と2階床下にふところをもつことによって、他社の2×4を上回る遮音性を発揮します。

間柱の間隔

※笹木産業はお客様のご希望によりツーバイフォー以外にも木造軸組構法(木造在来工法)やRC工法(鉄筋コンクリート造)などにも対応しております。まずはお気軽にご相談ください。

PAGE TOP